FC2ブログ
2018
06.21

フレッシュハーブとドライハーブで作るブーケガルニ【スパイス大使活動報告】

WSbouqet_garni1.jpg
Bouquet Garni Work Shop

先日、ブーケガルニ作りのワークショップを開きました。

フレッシュのハーブは、一番香りの良い時期なので、たっぷり用意。
ドライのハーブは、やっぱり使い勝手もいいし、手軽なので、こちらも色々な種類を用意。

そして、テキストも。
こちらの「スパイスガイドブック」は、スパイス大使でとてもお世話になっているハウス食品さんから、いつもご提供してもらっています。
たくさんのスパイスハーブの特徴や歴史、使い方などの情報が写真付きで詳しく紹介されています。しかも、スパイスを使ったレシピ付き。毎回、参加された方にも大好評なんです。

ページをめくりながら、実際のハーブの香りを嗅いでみたり。

WSbouqet_garni2.jpg

同じハーブでも、観賞用と食用を手に取って比べてみたり。
生とドライの違いを比べてみたり。

「食べるセージは、このコモンセージ。
こっちのチェリー、アメジスト、ブルーセージは観賞用だからね!」

「こっちがスイートバシルで、こっちがホーリーバジルだよ。」

「同じオレガノでも、ケントビュティ―は香りもないし食べられないよ。」

とか。

フレッシュブーケガルニ使用した生のハーブは、こちらの6種類。
・ローリエ
・オレガノ
・セージ
・ローズマリー
・パセリ
・タイム

タコ糸で根元を巻き巻き。ワックスペーパーで包んで、お持ち帰り。それぞれに香の良い可愛いブーケガルニが出来ました。

ドライブーケガルニは、スタンダードなタイプと、ガーリックとブラックペッパーホールを使った変化球。それプラス、制限なしの自由な組み合わせの3種類。
使用したのは、こちら。
・GABAN®ローリエ
・GABAN®ローズマリー
・GABAN®バジル
・GABAN®タイム
・GABAN®セージ
・GABAN®マジョラム
・GABAN®あらびきガーリック
・GABAN®ブラックペパー<ホール>
・セロリシード

お茶パックに1回分づつ入れて、作りました。

WSbouqet_garni3.jpg

作り終わえたら、ランチタイム。ブーケガルニを使ったサフランライスとチキン入りラタトゥイユ、グリーンピースのスープなど。

WSbouqet_garni4.jpg

最後は、恒例のハウス食品「クッキングスパイス」のプレゼント。

自由に物色。作って頂いている、スパイス大使の名刺もちゃっかり、ひとつづつべた張り。(笑)

WSbouqet_garni5.jpg

ハウス食品さんより提供して頂いている「おともだちキット」は、ひと袋をバラバラにして、こんな形で使わせてもらっています。
(以前、そのまま渡したら、多すぎて使い切らないと言われたこともあるので。それに、好みもあるので好きなものを選んでもらっています。)

人が集まる時に、毎回「クッキングスパイス」を配って歩くので、「ハムの人」ならぬ「スパイスの人」と呼ばれてます。^^;

WSbouqet_garni6.jpg

夜には、早速、ブーケガルニを使ったラタトゥイユや牛肉の赤ワイン煮、スープを夕飯に作ったとの報告ももらい、いつもと違う香りが楽しめたそうです。
今まで、敷居が高いと感じていたブーケガルニが、これなら簡単に作れるし、美味しくなるから積極的に使いたいと、言ってくれた方も♪

皆さんに、とても喜んでもらい、私自身も楽しく、改めて勉強にもなりました!
レシピブログさんハウス食品さんを始め、参加された皆さんのおかげで、充実したワークショップになりました。
ありがとうございました!

以上、活動報告でした♪

ごちそうさま。


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://naonogohan.blog.fc2.com/tb.php/623-b462c06b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top