2014
05.14

筍とマッシュルームのバジルペースト炒め

mushroom.jpg
Bamboo Shoot & Mushroom Stir Fry with Basil Paste

バジルが効いた炒め物

アスパラのシャキっとした歯ごたえ。
マッシュルームパプリカの柔らか食感。

オリーブオイルとパジルペースト。

炒めるだけの簡単ひと品。
このまま載せるのは忍びないので、知っているようで、なかなかやらないパプリカの処理を。

食べてて、皮が口に残ることない?
皮がテカテケしてて、火が通ったか分かりにくいとか。

だから、皮を取ってあげよう。

pepper1.jpg
パプリカの丸焼き。
お魚グルリやオーブンで、焦げ焦げになるまで焼くのが理想。
あくまでも理想。
私は、コンロ直火。(使い方間違ってるから、あんまりマネしないでね。)
トング片手に、気分はひとりBBQ。
換気扇は、全開で。

pepper2.jpg

水に浸けながら、軽くこすると焦げ焦げになった皮だけ取れる。
固い皮が無くなると、ふにゃふにゃ。
ペーパーで水分を取ってね。

面倒くさいけど、これで一気に甘みも増して美味しくなる。
後は、ヘタと種を取ったら、調理開始。

小分けにして冷凍庫で保存も出来る。

使い道は、もちろんこのマッシュルームバジル炒め。
他にも、マリネにしたり、ペーストにしてスープやソース、ムースにも。

そんなひと手間加えて、バジル香る炒め物が出来ました。

材料(2~3人分)
250g(水ゆでした状態で)
マッシュルーム10個
アスパラガス4本
・赤パプリカ1/2個
・オリーブオイル大さじ1
・塩コショウ適量
バジルペースト大さじ1(市販)
バジルペースト:バジルの葉、松の実、パルメザンチーズ、にんにく、オリーブオイル、塩コショウをペースト状に)

具材は食べやすい大きさにカットし、塩で下味を付けてオリーブオイルで炒める。
火が通ったら、バジルペーストとコショウで味付けして出来上がり。

ごちそうさま。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://naonogohan.blog.fc2.com/tb.php/60-8263e8de
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top