2017
09.30

葡萄コンフィチュールのパブロバ【スパイス大使】

pavlova_grape_sauce.jpg
Grape Confiture Pavlova

南半球出身、屈指の砂糖菓子。

砂糖菓子だから、思いっきり砂糖味。

間違いなく、砂糖味。

だから、スパイス効かせた甘酸っぱいソースが決め手。


今月のテーマは『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。
前回使ったサフランを始め、シナモンスティックとクローブのホールが届きました♪今回はふたつを使用。
       clovewhole.jpg  cinnamon_stick.jpg
GABAN®クローブ<ホール>
GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)

材料(23~24cm1台分)
・卵白4個分
・粉砂糖150g
・コーンスターチ小さじ1
・酢小さじ1
・塩少し
・バニラビーンズ4~5cm(鞘から種を取りだしておく)
*巨峰ぶどう1房(種無し・ひと粒ずつばらしておく)
*きび砂糖大さじ2~3
*レモン汁大さじ1
*赤ワイン50ml
*GABAN®クローブ<ホール>2粒
*GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)1本
+ホイップクリーム適量
+お好みの果物適宜

A:土台を作る。
1. ボウルに卵白と塩を入れ、ハンドミキサーでつのが立つまで泡立てる。
2. 粉砂糖を数回に分けて加える。コーンスターチと酢、バニラビーンズも加え、固めのメレンゲになるまで泡立てる。
3. オーブンシートを敷いた天板の中央に、直径23~24cmくらいの大きさになる様メレンゲを丸く盛る。
4. 120℃(ガス)に熱したオーブンの下段に入れ、1時間15分焼いたら、そのままオーブンが冷めるまで置く。
B:葡萄コンフィチュールを作る。
5. 鍋に全ての材料を入れて火を点け、中弱火で葡萄の皮が少し剥けてくるまで蓋をして煮る。
6. 葡萄の実と煮汁に分け、葡萄の皮を剥く。剥いた皮は煮汁と一緒にし、フードプロセッサーで撹拌する。
(シナモンとクローブは実と一緒にしておいて下さい。)
7. 鍋に煮汁を戻し、とろみが出るまで煮詰めたら実を戻し、火を止め、冷ましておく。
C:パブロバを作る。
8. Aを皿に乗せ、その上にホイップクリームを塗り、Bをかける。お好みで果物を添えて出来上がり。

サクサクの表面と、もっちりふわふわの中身のパブロバです。
オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら調節して下さい。
上下が無い場合は、低めの温度で。電気の場合は、高めの温度がイイと思います。

使った感想
甘いメレンゲとまったりクリーム、スパイスが効いた葡萄ごろごろソース。
甘い3段重ねのパブロバですが、スパイスを使ったことで深みとアクセントが出たので、美味しかったです。ホールだと香りも良いし、出来あがりにざらつき感がなくて、ジャムやソースにはピッタリだと思います。

ごちそうさま。

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://naonogohan.blog.fc2.com/tb.php/551-3b6391c1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top