2015
11.16

【スパイス大使】フライパンでプロバンスローストチキン

grilled_chicken_provence.jpg
Pan Roasted Chicken with Herb do Provence

パーティーシーズン。
実りの秋。食べ盛り。

そんな季節に、カンパイ。


11月のスパイス大使ミッションは、スパイスでお料理上手vol.45『ワインと楽しむ食卓に♪おつまみ&ごちそうレシピ』です。そんなテーマにちなんだ、3種のスパイスが届きました。
第3弾は、エルブドプロバンス。
      herbdoprovance.jpg
フランス・プロバンス地方で使われるハーブミックス。コレ、大好き♪

材料(大盛り2人分)
・鶏もも肉2枚(600g使用、筋と血管を取り除き、厚い所には包丁を入れておく)
・じゃがいも小5~6個(1/2~1/4等分にし、ラップで包み電子レンジ600wで4分加熱しておく)
・ペコロス3~4個(縦半分に切る)
・にんにく1個(横半分に切る)
*GABANエルブ・ド・プロバンス小さじ1/2~適量
*塩小さじ1弱
*ブラックペッパー少し
*チリパウダー少し(あれば)
*白ワイン大さじ2
・ローリエ1枚
・オリーブオイル大さじ1

作り方(20分)
1. ビニール袋に常温に戻した鶏もも肉と*印の材料を入れ軽く揉んで馴染ませたら、そのまま10分ほどおく。
2. 熱したフライパンに、皮を下にした1と切り口を下にしたにんにく、ペコロスを入れ中火で1~2分くらい焦げ目が付くまで焼く。
3. 2の材料を裏返したら、じゃがいも、ローリエを入れて弱火にし、フタをして5~6分蒸し焼きにする。
4. 皿に盛り付けたら、出来上がり。(お好みで、エルブドプロバンスを上から振りかける。)
※塩加減は、お好みでね!

弱火でゆっくり火を通す柔らかチキン。エルブドプロバンスが上品な香りを運んでくれる、簡単焼くだけパーティーメニュー。じゃがいもにもハーブの香りと、鶏肉の旨みがたっぷり♪

使った感想
煮ても、焼いても、そのままでも、ちょっと振りかけるだけで料理の腕が上ったような気にさせてくれる、魔法のハーブ。それぞれの主張が強すぎることも無く、絶妙なハーブの割合がワタシ好みのGABAN®エルブドプロバンス。これを使わないのは、損してるかもよ。

ごちそうさま。

ワインに合う料理レシピ
ワインに合う料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://naonogohan.blog.fc2.com/tb.php/338-0872701b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top