2015
07.11

【スパイス大使】豚バラの赤ワイン煮込み・プルドポーク

pulled_pork_slow_cook1.jpg
Slow Cook Pulled Pork With Red Wine Sauce

長期戦。

我慢出来た人だけへのご褒美。
だから、頑張った。圧力鍋使ったけどね。(笑)


【レシピブログの「スパイスがお役立ち!おいしい減塩レシピ」モニター参加中】
今月のテーマは、ザ・減塩。まずは、4種類届いたうちのこちらを選択。
GABAN®ブラックペッパー荒挽<缶>
   粗びき
この粗びきのブラックペッパーが、スパイスの中で使用量最大。私には欠かせない。
しょっぱくならないように気を付けてるけど、減塩を意識したことは無いので今回が初挑戦。

材料(8人分・1食あたり塩分相当量0.7g)
・豚ばら肉ブロック1kg(塩分相当量1g)
・水3カップ~
・にんにく1かけ(縦半分に切る)
*赤ワイン300ml
*水300ml
*粉末ブイヨン1袋4g(塩ひかけめ脂質ゼロ無添加ブイヨン・塩分相当量2.1g/パッケージ表示より)
*玉ねぎ中1個(可食部200g、縦1/6等分に切る)
*セロリ2本(やや細め120g、5~6cmの長さに切る)
*にんじん中1本(可食部180g、縦半分にしたあと横4~5等分に)
*にんにく1かけ(縦半分に)
*GABAN®ブラックペッパー荒挽小さじ1/4
*ハチミツ大さじ1
*バルサミコ酢大さじ1/2
*ローリエ1枚
+塩小さじ1/2(天然塩、塩分相当量2.5g)
+GABAN®ブラックペッパー荒挽小さじ1/4

作り方(調理時間1日以上)
1. 圧力鍋に豚ばら肉を入るくらいの大きさに切ったら、熱したフライパンで各面を中火で3~4分焼き、余分な油を出す。
2. 1の油をペーパー等で拭いたら、圧力鍋に・印の材料と一緒に入れ圧をかける。(水は肉が浸る位まで入れる。)
3. 圧がかかったら、中弱火にして50分ほど煮込み、そのまま冷えるまで待って冷蔵庫で一晩寝かす。(お使いの圧力鍋によって、時間の調節をして下さい。)
4. 3の白く固まったラードを取り除き、豚肉を取り出したらにんにくを捨て、煮汁を別の鍋や保存容器に移す。
(今回はラードも煮汁も使わないので、他の料理に使ってね。)
5. 豚肉を洗った4の圧力鍋に戻し、*印の材料を加え、圧力をかける。圧がかかったら中弱火にして20分ほど煮込む。
6. 5が完全に冷めたら、中から豚肉と野菜、ローリエをバット等に取り出し、残ったスープに+印の材料を入れ、量が1/4位にまるまで煮詰める。
7. 崩した豚肉と野菜を皿に盛り、6の煮詰めたスープをかけて出来上がり。

※圧力をかけた後に冷やすのは、肉をしっとりさせるためと味を馴染ませるためです。
(出来れば、割愛しないでね。)
※ラードは炒め物等に、煮汁はしょう油と塩コショウを加えてラーメンのスープとかに使えます。
※焼いた時に出た余分な油約大さじ3、今回使用しないラードは80g、下茹で後の肉は650gでした。

pulled_pork_slow_cook2.jpg

野菜はとろとろなので、取り出すのが大変だと思います。そんな時は、スープと一緒に煮詰めちゃってください。(その際は量が1/2~1/3になる位を目安に。)
保存とお皿を兼ね、フタの出来るパットに入れました。お肉もスープも一緒に入れそのままテーブルへ。取り分ける時に、バットの中で肉と野菜を崩し、お皿に盛りました。(熱々がイイ人は、煮詰めたスープにお肉と野菜を戻します。)

時間はかかりますが、面倒なことは圧力鍋がやってくれるし、下ごしらえのお蔭で、まったく油っぽくなくしっとり柔らかなプルドポークが楽しめます。しかも減塩

主菜でありながら、驚異の1人分塩分相当量0.7gを実現!素材から出てくる凝縮された甘さと旨みをGABAN®ブラックペッパーが引立ててくれるので、減塩を感じさせない。これで十分です。

味が物足らず寂しい時、決まらない時は、すぐにブラックペッパー粗びきを使ってしまう私です。
もう癖です。○○の一つ覚えとも言います。(笑)

ごちそうさま。


「お肉を使った夏のスタミナレシピ」コーナーにレシピを掲載中!
減塩料理レシピ
減塩料理レシピ  スパイスレシピ検索>

レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://naonogohan.blog.fc2.com/tb.php/279-3053b2b9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top