FC2ブログ
2017
11.29

ホットカマンベールチーズとベリーのソース

camembert_berrysauce.jpg
Hot Camembert Cheese with Berry Sauce

ヤバい。
一気食いしてしまいそう。。。

東京デーリープレジデントチーズ×レシピブログのモニター企画!
「カマンベールチーズが主役!おうちパーティーのとっておきテーブル」
モニター商品のプレジデント カマンベールのプレーン、グリーンペッパー、クルミのプレゼントが届きました。

まずは、プレーンを使って、テーブルスタイリング。
ベリーのソースと一緒に、ラスティックに攻めてみた。

材料(1個分)
・プレジデント カマンベールプレーン1個
*冷凍ミックスベリー1カップくらい
*きび砂糖大さじ2~適量
*レモン果汁小さじ1
・タイムの葉2~3本

作り方
1. 小鍋に*印を入れ火にかけ、好みの濃度になるまで煮詰める。
2. カマンベールチーズに1をかけ、電子レンジ600wで30~40秒または中が温まるまで加熱する。
3. タイムを飾って出来上がり。

スパークリングを飲みながら、ちびちび食べていたら、止まらなくなりました。(笑)

使った感想
マイルドな味わいで美味しかったです。ミルキー感も十分で、皮の食感も良かった。口どけもなめらかさも、申し分なく美味しかったです。

ごちそうさま。

おうちパーティーのテーブルアレンジ
おうちパーティーのテーブルアレンジ


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
11.27

かぼちゃとソーセージのカレーアヒージョ【スパイス大使】

pumpkin_sausage_curry.jpg
Pumpkin & Sausage Curry Stir-fly

カレーとにんにくの匂いに支配されたキッチン。

食欲を刺激する、罪な匂い。。。


今月のテーマはスパイスでお料理上手『ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪』です!
タイム、カイエンペパー、イタリアンパセリなど楽しみなスパイスが届きました。
今回のタパス用には、こちらを使用。
   parsley.jpg
GABAN®GABANイタリアンパセリ

材料(大盛り2人分)
・かぼちゃ250~260g(皮と種を除いた可食部、食べやすい大きさに切る)
・ソーセージ5~6本(食べやすい大きさに切る)
・玉ねぎ1/8個(くし切り後、横半分に切る)
・赤パプリカ1/4個(食べやすい大きさに切る)
・にんにく1/2~1かけ(みじん切り)
・オリーブオイル大さじ2~3
・カレー粉小さじ1
・塩コショウ適量
・GABAN®GABANイタリアンパセリ適量

作り方(調理時間約15分)
1. かぼちゃは、ラップに包んで電子レンジ600wで2分半から3分または柔らかくなるまで加熱する。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ火を点け、温まったら玉ねぎ、ソーセージ、にんにくを順に入れてその都度炒める。
3. 玉ねぎがしんなりしてきたら、カレー粉、パプリカ、かぼちゃの順に加えて炒め、オイルが馴染んだら塩コショウで味つけして火を止める。
4. 皿に盛り、イタリアンパセリを振りかけたら出来上がり。

使った感想
彩りに使いましたが、通常の乾燥パセリより大きいので鮮やかさが際立ちました。サッと振りかけるだけで見た目が美しくなるので、おススメです。

ごちそうさま。

おうちバル料理レシピ
おうちバル料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
11.21

深まる秋に体ぽかぽか!スパイシーな香り広がるモルドワイン/マルドワイン

mulled_wine_001.jpg
Mulled Wine

スパイスの力で体ポカポカ。オレンジの香りも楽しめる寒い時期ならではのホットワイン。

モルドワイン(マルドワイン)とは、赤ワインとスパイスを一緒にゆっくりと温めたホットワインの事です。
生活情報サイトmichillで、モルドワインのレシピと一緒にモルドワイン用のスパイスバッグ「モリングスパイス」(またはマリングスパイスとも呼びます)やアルコール以外でも楽しめる飲み方を紹介しています。
詳しくは、画像をクリックまたはこちらからどうぞ♪

mulled_wine_001_2.jpg


コラム内のこのコラムにありがとう」ボタンをポチッとしてもらえると、とても嬉しいです!宜しくお願いします!

mulled_wine_003.jpg


dried_orange3.jpg
小分けで可愛く、自家製モリングスパイス。^^

ごちそうさま。



レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!
Comment:0  Trackback:0
2017
11.20

ピリ辛アンチョビロマネスコ【スパイス大使】

anchovy_romanesco.jpg
Spicy Anchovy & Romanesco Broccoli

刺激の欲望は、あなた次第。(笑)

辛口なロマネスコ。


今月のテーマはスパイスでお料理上手『ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪』です!
タイム、カイエンペパー、イタリアンパセリなど楽しみなスパイスが届きました。
   cayenne_pepper.jpg
GABAN®カイエンペパー<パウダー>

材料(2人分)
・ロマネスコ150~160g(小房に分けるまたは食べやすい大きさに切る)
*にんにく1/2かけ(みじん切り)
*アンチョビフィレ3~4マイ
*オリーブオイル小さじ2
+GABAN®カイエンペパー<パウダー>適量
+マヨネーズ大さじ1
・ピンクペッパー適宜

作り方(調理時間10~15分)
1. ロマネスコは好みの固さになるまで茹でる。
2. フライパンに、*印を入れたら火を点け、香りが立ち沸々してきたら、弱火にして+印を加え、アンチョビフィレを崩しながらよく混ぜる。
3. 1を加え、サッと炒める。皿に盛り、ピンクペッパーを散らして出来上がり。

使った感想
ダイレクトに辛みを感じるので、辛い物が食べたい時にぴったり。細かい粒子なので、食材とよく絡み均等に辛みが付けられ、美味しかったです。同じ唐辛子でも、粒の大きさで味の感じ方がちがうので、面白い。辛い物が好きなので、そろえて置きたいGABAN®カイエンペパー<パウダー>でした。

ごちそうさま。

おうちバル料理レシピ
おうちバル料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
11.19

ハッシュドポテト【スパイス大使】

hashed_potatoes.jpg
Hashed Potatoes with Thyme

表面がカリカリって、それだけで美味しい。


今月のテーマはスパイスでお料理上手『ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪』です!
タイム、カイエンペパー、イタリアンパセリなど楽しみなスパイスが届きました。
では、手始めにこちらを。
    thyme2.jpg
GABAN®タイム

材料(5個分)
・じゃがいも400g(可食部)
*小麦粉大さじ2
*GABAN®タイム小さじ1/2~1
*粉チーズ大さじ1
*塩小さじ1/2~1
*ナツメグパウダー少し
*ブラックペッパー適量
・オリーブオイル大さじ3~4

作り方(調理時間15~20分)
1. じゃがいもは皮を剥き、5~6mmの千切りにし、耐熱ボウルに入れラップをしたら電子レンジ600wで約5分または柔らかくなるまで加熱する。
2. *印を1に加え、じゃがいもを粗く潰しながらよく混ぜる。
3. 5等分にしたら、ラップに包んで一度巾着状にしたら、上から手で潰し、厚さ1.5cm位の小判型に成形する。
4. フライパンにオリーブオイルを入れ温めたら、5を入れ片面2分~2分半またはこんがり色づくまで揚げ焼きにしたら、出来上がり。

※粘りを出すために、じゃがいもを水にさらしませんでした。

使った感想
噛むたびに、タイムの香りが広がり美味しかったです。後からほんのりとイイ感じの苦みもあり、クセになりそうです。シンプルな料理もGABAN®タイムでちょっと手の込んだ様になるので嬉しいです。^^

ごちそうさま。

おうちバル料理レシピ
おうちバル料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
11.08

ドライオレンジ

dried_orange1.jpg
Dehydrated Orange Slice

覚え書き - 初オレンジの素焼き。

モリングスパイス用に、オレンジを調達。
スライスして、表面の水分を拭きとる。

いざ、オーブンへ!

『話題のキッチングッズ&調味料5種セット』のレシピモニタープレゼントのクッキングペーパーを使いました。
    PA213704.jpg   
・ライオン リードクッキングペーパー ボックスタイプ

材料は、オレンジ5個のみ。
上下を落とし、5~6mmの厚さにスライス。

dried_orange2.jpg

クッキングペーパーに挟み、軽く押さえて水分を取る。
オーブンペーパーを敷いた天板に並べ、100度に熱したオーブンへ。

糖度が高いオレンジだったので、焦げないよう温度は100度に決めた。
まずは、1時間で様子を見ることに。
30分たったところで、オレンジの上下を返し、天板の上下も入れ替える。
次の30分が経ったところで、いったん様子見。セミドライっぽい。

1時間じゃ、無理。

天板を網に変更し、オレンジの位置を入れ替えて、更に30分。
私の包丁さばきに少々問題あったので、薄いものから出来上がりつつある。
5分後には、薄いものの中心部がほんのり茶色になりって来たので、慌てて取り出す。

第1号の数枚が完成。粗熱が取れる前に、すでにパリパリ状態。
ここまでの合計焼き時間は1時間35分。

ここからは、5分おきにオーブンを開け、オレンジの位置と上下を返しながら焼き上がった順に取り出す。
途中で、味見で数枚食べてしまったけど、50枚ほどが完成。

焼き時間の合計は、1時間45分。

目指した通り、パリパリのドライオレンジに、たどり着きました。

さて、ここからが本題。

なぜ、オーブンにへばりついたか・・・これを作るため。

dried_orange3.jpg

モリングスパイス!

可愛く出来ました。使うのが楽しみ。^^
(使い方は後日、アップする予定です。)

追記:
モルドワインのレシピと一緒にモリングスパイス活用法を生活情報サイトmichillで紹介しています。
是非、読んでみてくださいね!コラムはこちらから♪

使った感想
厚手のキッチンペーパーなので、オレンジの水分を良く吸ってくれました。敗れることも無く使い勝手も良かったです。用途に合わせて、種類を変えてペーパーも用意しておくとイイのかなと思いました。今回は水分を取っただけでしたが、蒸したり絞ったりと使ってみようと思います。

ごちそうさま。



レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
back-to-top