2017
09.30

葡萄コンフィチュールのパブロバ【スパイス大使】

pavlova_grape_sauce.jpg
Grape Confiture Pavlova

南半球出身、屈指の砂糖菓子。

砂糖菓子だから、思いっきり砂糖味。

間違いなく、砂糖味。

だから、スパイス効かせた甘酸っぱいソースが決め手。


今月のテーマは『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。
前回使ったサフランを始め、シナモンスティックとクローブのホールが届きました♪今回はふたつを使用。
       clovewhole.jpg  cinnamon_stick.jpg
GABAN®クローブ<ホール>
GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)

材料(23~24cm1台分)
・卵白4個分
・粉砂糖150g
・コーンスターチ小さじ1
・酢小さじ1
・塩少し
・バニラビーンズ4~5cm(鞘から種を取りだしておく)
*巨峰ぶどう1房(種無し・ひと粒ずつばらしておく)
*きび砂糖大さじ2~3
*レモン汁大さじ1
*赤ワイン50ml
*GABAN®クローブ<ホール>2粒
*GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)1本
+ホイップクリーム適量
+お好みの果物適宜

A:土台を作る。
1. ボウルに卵白と塩を入れ、ハンドミキサーでつのが立つまで泡立てる。
2. 粉砂糖を数回に分けて加える。コーンスターチと酢、バニラビーンズも加え、固めのメレンゲになるまで泡立てる。
3. オーブンシートを敷いた天板の中央に、直径23~24cmくらいの大きさになる様メレンゲを丸く盛る。
4. 120℃(ガス)に熱したオーブンの下段に入れ、1時間15分焼いたら、そのままオーブンが冷めるまで置く。
B:葡萄コンフィチュールを作る。
5. 鍋に全ての材料を入れて火を点け、中弱火で葡萄の皮が少し剥けてくるまで蓋をして煮る。
6. 葡萄の実と煮汁に分け、葡萄の皮を剥く。剥いた皮は煮汁と一緒にし、フードプロセッサーで撹拌する。
(シナモンとクローブは実と一緒にしておいて下さい。)
7. 鍋に煮汁を戻し、とろみが出るまで煮詰めたら実を戻し、火を止め、冷ましておく。
C:パブロバを作る。
8. Aを皿に乗せ、その上にホイップクリームを塗り、Bをかける。お好みで果物を添えて出来上がり。

サクサクの表面と、もっちりふわふわの中身のパブロバです。
オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら調節して下さい。
上下が無い場合は、低めの温度で。電気の場合は、高めの温度がイイと思います。

使った感想
甘いメレンゲとまったりクリーム、スパイスが効いた葡萄ごろごろソース。
甘い3段重ねのパブロバですが、スパイスを使ったことで深みとアクセントが出たので、美味しかったです。ホールだと香りも良いし、出来あがりにざらつき感がなくて、ジャムやソースにはピッタリだと思います。

ごちそうさま。

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
09.17

きのこのサフランクリームパスタ【スパイス大使】

mushroom_saffron_cream1.jpg
Mushroom Saffron Cream Pasta

こってりクリームが気になる本日。

雨音を聞きながら、きのこを絡ませパクつくお昼。


今月のテーマは『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。
今回使ったサフランを始め、シナモンスティックとクローブのホールが届きました♪
       saffron_201609251413364fc.jpg
GABAN®サフラン<ホール>

材料(2人分)
・パスタ150~160g
・玉ねぎ1/4個(粗みじん切り)
・しいたけ2枚(薄切り)
・しめじ1/4株(ばらす)
・マッシュルーム(薄切り)
・にんにく1/2かけ
・GABAN®サフラン<ホール>ひとつまみ
・顆粒/固形ブイヨン1袋/個(4g)
・水300ml
・生クリーム100ml
・塩ブラックペッパー適量
・青ネギ適量
・オリーブオイル適量

作り方(調理時間約20分)
1. パスタは袋の袋の表示通りに茹でておく。サフランは分量の水に入れ、色を出しておく。
2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、玉ねぎを入れたら火を点け、焦げないよう炒める。
3. しいたけ、しめじを加え炒めたら、1のサフランと水、ブイヨンを入れてひと煮立ちさせる。
4. 生クリームと1のパスタを入れ、とろみがついてきたら塩ブラックペパーで味を調える。
5. 皿に盛り、マッシュルームを乗せ、その上からオリーブオイルをかける。青ネギを散らして出来上がり。

マッシュルームは生のままサラダ感覚で♪
(苦手な方は、他のキノコ類と一緒に炒めて下さい)

使った感想
水に入れた瞬間から、サフラン独特の上品な香りが漂って来ました。15分くらい水に漬けておきましたが、とても鮮やかな色が移りました。クリームと合わせて使いましたが、ほんのり香りが広がり美味しかったです。シンプルなパスタを作りましたが、サフランでリッチな気分になれました。

ごちそうさま。

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
09.14

野菜ジュースの即席ストロガノフ

vegetabel_juice_stroganoff2.jpg
Vegetable Juice Stroganoff

テーブルまで10分。
凝縮野菜でコクうまひと皿。

テーマは『忙しいときに!キリン無添加野菜を使った簡単・時短レシピ』!
調味料やジュース、食器用洗剤などがたっくさん入ったモニターボックスが届きました。
今回は、「キリン無添加野菜 48種の濃い野菜 100%」をチョイス。
     kirin_vegetable_juice.jpg

材料(2分)
・薄切り肉200g(豚または牛)
・玉ねぎ中1/2個(縦細切りに)
・ぶなしめじ1/2株(石づきを取ってばらす)
・にんにく1/2かけ(みじん切り)
*キリン無添加野菜 48種の濃い野菜 100%200ml
*顆粒ブイヨン1袋(4~5g)
・生クリーム100ml
・塩コショウ適量
・バター1/2かけ
・オリーブオイル適量
+フレッシュハーブまたベビーリーフ等適量

作り方(調理時間約10分)
1. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れたら火を点け、香りが出てきたら玉ねぎを加えて炒める。
2. 食べやすい大きさに切った薄切り肉を炒め、続けてぶなしめじも炒める。
3. *印を加えひと煮立ちしたら、生クリーム、バターを加え、塩コショウで味を調える。
4. 皿に盛り、+印を添えて出来上がり。

使った感想
薄切り肉を使うので、火の通りも早く、「キリン無添加野菜 48種の濃い野菜 100%」が適度なとろみを付けてくれるので、小麦なしのストロガノフが出来ました。48種もの野菜が入っているので、手軽に栄養補給。苦手な野菜が入っていても事に気付かないかも。笑。簡単なのに、コクと深みのあるひと皿になりました。美味しかったです。

ごちそうさま。

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
09.11

ビーツと豆腐の和風スープ

beet_tofu_soup.jpg
Beet & TOFU Soup Japanese Style

ビーツと豆腐と白だしと。

材料(デミタスカップ4杯分くらい)
・ビーツ小1/2個(茹でて下処理をした物・茹で方はこちらから
・ビーツゆで汁適量
・豆腐150g
・白だし100ml~(ストレート)
・玉ねぎ小1/4個(みじん切り)
・こめ油適量
・ホワイトペッパー少し
*チアシード適量

こめ油で炒めた玉ねぎと*印の材料をミキサーで滑らかになるまでかけ、冷蔵庫で冷やす。カップに注ぎチアシードを振りかけて出来上がり。

※すくって食べるスープです。濃度は、出汁とビーツのゆで汁で調節を。

ごちそうさま。



レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
09.10

ファイトケミカルス・デー2017【イベントレポート】

phytonutrient2017_0.jpg
Phytonutrient Symposium 2017 Report

ファイトケミカルス・デー2017のイベントに参加してきました。

「ファイトケミカルス」とは、植物に含まれる有用成分の総称で、活性酸素をやっつけてくれる栄養素。(活性酸素を吸収し、体外へ排出してくれる性質があるそうです。)炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の6大栄養素に続く、第7の栄養素として注目されているとの事。

ファイトケミカルスが含まれる食材の見分け方は、いたってシンプル。
色とりどりのカラフルな野菜と果物。

色々な種類の野菜と果物を取り入れたカラフルな食事をすることで、ファイトケミカルスを摂取できるそうです。
特に、皮や種子に含まれているので、出来るだけこの部分も食べたほうがマル。皮を食べるとなると、有機栽培がベストという事に。

何がイイかって?
結論。アンチエイジングとデトックス。
で、美肌と免疫力アップ。
食べない理由は無いです。

イベントでは、東北大学名誉教授の宮澤陽夫氏、国際ファイトニュートリエント学会代表理事の天ヶ瀬晴信氏、モデルの長谷川理恵さんによるトークセッションと料理研究家の牛尾理恵さん考案の美味しいお料理を、ビュッフェ式でお弁当箱に詰めて、試食。プロップと一緒に撮影ブースも完備。

興味があり、知りたかったのでいい勉強になり、美味しいお弁当も食べて大満足のイベントでした。

植物を扱う前職で得た、ニワカ知識からひとこと。
植物は、自分で育つ環境を少しでも良くしようと自ら考え進化してきました。
植物が酸素を作り出すのは、自分の為。植物だって悪い空気を吸いたくないんです。
照りつける太陽と紫外線から種子を守るため、厚い皮や鮮やかな色を付けて防御。乾燥地帯では、水分を葉や茎にためられる機能を持ったり、虫や鳥に食べられてしまわないよう、若いうちは苦かったり、かじられてしまったら瞬時に美味しくない成分を分泌するとか、動物撃退の為にトゲを生やしてみたり。
たくさんの秘められた戦う力を持ているので、その力をおすそ分けしてもらおうってことの様です。
(ご一読、ありがとうごいました!)

これからは、ファイトケミカルスを意識した食事を!と思いました!

phytonutrient2017_2.jpg

教授監修・牛尾さんレシピ監修の「美と健康のつくりおきファイトレシピ」が9/16発売です。



レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
back-to-top