2014
02.26

自家製パンチェッタ

panchetta1.jpg
Homemade "panchtta"

お家で作ろう!パンチェッタ!

パンチェッタとは、豚肉の塩浸けのこと。
熟成させて、調味料代わりに使うとウマイのです。

今回は出来上がりまで3週間も費やした。
時間はかかるけど、実は手間いらず。

そもそも何で作ることになったか。なぜなら豚バラ肉の塊をもらったから。
なんでパンチェッタなのか。なぜなら脂身が多すぎて他には使えなかったから。
ベーコン?いやいや。スモーク面倒くさいかも。

出来るだけ手を抜こうと、塩抜きは割愛。
なので、塩分は5%に抑えた。それ以上だと食べるには塩っぱ過ぎるので、途中で塩抜きが必要だし、
それ以下だと塩が殺菌効果を発揮せず、熟成どころか傷んでしまう。だから5%位がイイのかな~と思って。

お肉の両面にフォークでいっぱい穴を開けて、塩と砂糖を擦り込んで、擦り込んで、擦り込む。
しばらく置いて、出てきた水気はふき取り、私が持っているありったけのハーブを振りかける。
ドライもフレッシュも、ありったけ。

ペーパーやシートに包み、さらにラップで密閉し、腐って失敗しませんようにと祈りつつ冷蔵庫へ。
水分が出なくなるまで、毎日ペーパーやシートを取りかえる。
1週間もすると、透明感がある深い赤色になってくるんだよね~。できつつある証拠。

水分が出なくなったら、ラップでの密封を止め、今度は冷蔵庫で乾燥に入ろう!
ペーパーやシートに包み、冷蔵庫の棚板や他の物と接触しない様にしてね。雑菌ついちゃうと困るから。作業時はビニール手袋使うのをおすすめします。

途中でやりたくなるのが、味見。
ペーパーを変える度、誰かか来る度「未完成だけど、味見する?」
どんどん減っていく。(笑)

panchetta2.jpg

数日間、存在を忘れてしまったこともあったけど、完成。
しっとり加減もイイ感じ。

カルボナーラに使ったり、ジャガイモと一緒に炒めたり、トマトや野菜と煮たり。
小分けにして、冷凍庫で保存もできる、万能自家製パンチェッタ。

※必ず火を通して食べてくださいね。
生のまま食べたい場合は、無菌豚を使い雑菌が付かない様、慎重に調理を。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
02.18

病院ゴハン

Category: 未分類
hospital.jpg

ただいま、入院中。

病院ゴハンを食す日々。

hospital2.jpg

がっかりな時は、プチアレンジ。

ロールパンにキャベツとリンゴのサラダ、ハムをサンドしてみたり、
カレーを、ワンプレートにまとめてみたり。


ちょっとは、テンション上がるかな?
入院中の密かな楽しみ。(笑)


Comment:0  Trackback:0
2014
02.12

バターチキンカレー

curry.jpg
Indian butter chicken curry

流行には、乗るべし。(笑)

スパイスが効きながらもマイルドな味わい、バターチキンカレー

鶏もも肉をひと口大に切り、塩コショウで下味を付けたら、おろしニンニクとショウガ、カレー粉をもみ込む。
プレーンヨーグルト加え、もみもみ。(ビニール袋を使おう!)
冷蔵庫で馴染むまで寝かせる。数時間から一晩がイイかも。

鍋にニンニクと玉ねぎのみじん切りをオイルで炒め、カレー粉とバターを加えて炒めたら、カットのトマト缶を入れ酸味が飛ぶまで煮る。
しっかり漬け込んでおいた鶏肉を液ごと加えて、コトコト。

塩コショウ、砂糖(トマトの甘みが足りなかったら加えてね。)で味を整え、生クリームで滑らかに。

一度冷ましてから、また温め直すと、トマトとヨーグルトの酸味が飛ぶし、馴染むので美味しくなりますよ。

カレー粉は、抗酸化作用もあるし新陳代謝も良くしてくれるし、胃腸も元気にしてくれる。
刺激的なカレー粉は、パワー全開なのだ。


レシピはこちらで公開中♪
いつもの食卓を少し特別に レシピサイト

Comment:2  Trackback:0
2014
02.08

ローズマリーとシナモンのホット豆乳

soymilk.jpg
Hot soymilk with rosemary and cinnamon

豆乳!豆乳!
ご存知、大豆イソフラボンは美容、健康に効果大。
寒いから、ホットで飲も♪

豆乳にローズマリーを枝ごと、それとシナモンスティックを入れ、香りが立つようゆっくり鍋で温める。
お湯または水に浸け、柔らかくしたアーモンドにちょいと豆乳と足してフードプロセッサーやブレンダーでペースト状にしたら、これも混ぜる。
きび砂糖や洗双糖でお好みの甘さにしてね。

植物繊維とビタミンB2がたっぷり入ったアーモンド。
抗酸化作用と消化機能を高めるローズマリー。
アンチエイジング効果の期待があるシナモン。

このスパイシーなホット豆乳は、美味しいだけじゃないのだ!

※シナモンスティックは香り重視。パウダーなら成分ごと手軽に取れます。
※成分調整豆乳ならマイルドに、無調整なら大豆の風味を楽しめますよ。


Comment:0  Trackback:0
2014
02.07

野菜のグリルサンド

sandwich.jpg
Nut bread sandwich with grilled vegetables

地球屋の無添加パン。
ナッツがぎっしり入ったハード系のパンでサンドイッチを。

オリーブオイルでグリルした野菜をどんどん挟んでいく。
白皮栗カボチャ、玉ねぎ、ヤングコーン、ドライトマト、ブロッコリー、そして大根も。
サンドイッチの具に、ルール無し。

味の決め手は、豆腐で作ったマヨネーズ風ソース。

動物系食材を一切使わなくても、味わい深いくボリューム満点のサンドイッチ

sandwich_s.jpg

具だくさん欲張りサンドイッチは、手が汚れても口の周りにソースが付いても、気にせずかぶりつこう!
(はっきり言って、このままだと食べずらいので、オープンにして食べてね。)

*ヴィーガンメニュー

Comment:0  Trackback:0
2014
02.06

南瓜とブロッコリーの豆乳スープ

pumpkin.jpg
Chunky pumpkin and buroccoli soymilk soup

β-カロテンたっぷりのカボチャとブロッコリーを食べる!
スープで食べる!

ゴロゴロでもなく、クリーミーでもなく、荒く潰したチャンクなスープ。

みじん切りにした玉ねぎと適当に切ったカボチャ、ブロッコリーをバターで炒め小麦粉少々。
ブイヨン入れて、具材が煮えたら、さあ、潰そう!
軽めに潰しても良し。ガンガン潰しても良し。

豆乳入れて沸いたら、塩コショウで整えて、出来上がり。
(豆乳を牛乳に代えても美味しいよ!)

Comment:0  Trackback:0
2014
02.05

豆腐と人参のそぼろ

Category: ゴハン   Tags:豆腐人参
gohan.jpg
Scrambled tofu and carrot

安心する味。
醤油・みりん・酒・砂糖の味付け。

細かく切ったニンニクとニンジンを炒めたら、水切りした豆腐を崩しながら更に炒める。
調味料を入れて、ポロポロになったら出来上がり。

付け合わせの焼きミニトマトは、ニンジンを炒める時、フライパンの端っこを使えば一石二鳥♪

体に美味しいヘルシーごはん。
最後にゴマをたっぷりかけました。ちなみにそぼろの下は、雑穀ごはんだよ。

Comment:0  Trackback:0
2014
02.04

ベリーのフレンチトースト

toast_20140204194715472.jpg
French toast with strawberry and blueberry

STYLE BAKERY の色白で柔らかめのカンパーニュ。
フレンチトーストに、打って付けなのだ。

卵と牛乳と生クリーム、洗双糖とバニラビーンズの卵液にパンを浸す。
表面だけじゃなくて、中までいっぱい浸す。
いっぱい浸るまで、放って置く。
崩れそうになっても、放って置く。

秋から冷凍庫で眠っていたブルーベリーと大粒で甘いフレッシュなイチゴをメイプルシロップでマリネ。
バターで両面焼いたカンパーニュの上に乗せれば、出来上がり。

卵液をたっぷり含んだフレンチトーストは、トーストの域を超え、もはやパンプディング♪

Comment:0  Trackback:0
2014
02.03

ブロッコリーとアンチョビのペンネ

penne_20140203182906572.jpg
Pnenne with broccoli and ancovy

アンチョビとガーリックが効いたペンネ。
βカロテン、ビタミン群、ミネラルを含んだ栄養満点のブロッコリー。
しかも今が、一番おいしい時。(葉っぱも茎も一緒に食べよう!)

普段、ブロッコリーを食べる時は、ガリガリくらいの茹で加減が好き。
でも、今回はブロッコリーはソースの役目なので、フニャフニャになるまで茹でて軽つぶします。

アンチョビは、よく火を入れると臭みも消え香ばしくなり、食欲倍増。
(炒める時、飛び跳ねに要注意!)

Comment:0  Trackback:0
2014
02.02

ベビーリーフとイチゴのサラダ

strawberry.jpg
Baby-leaf salad with strawberries

イチゴはサラダにもなる!
色々な種類の入ったベリーリーフは、味も食感もいろいろ。
甘酸っぱいイチゴは、そんな中に合うのだ。

アップルビネガーとグレープシードオイルでベビーリーフとイチゴを和え、塩コショウで味を整える。
オリーブオイルを使っても良いんだけど、香りがマイルドなグレープシードの方がイチゴに合う気がする。
仕上げに、牛乳とレモン汁で作ったカッテージチーズとザクロの実。
(せっかくのザクロの実が、見えない~。)

酸っぱいイチゴより、甘い完熟イチゴの方が、サラダも美味しくなる。
素材は大事♪
爽やかでフルーティーなサラダです。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top