2017
04.05

カレー醤油風味のオイルサーディン丼

oilsardine_bowl.jpg
Oil Sardine Bowl Curry & Soy Sauce Flavor

10分で、どんぶり飯にありつける幸せ。


材料(2人分)
・オイルサーディン90~100g(固形量・1缶分)
・にんにく1かけ(薄切りに)
・赤唐辛子適量(輪切りに)
・カレーパウダー少し
・しょう油数滴
・ブラックペッパー適量
・パン粉少し
*ブロッコリー60~70g(茹でるまたは電子レンジで加熱し粗みじん切りに)
*ご飯400g(大盛り2膳ぶん、温めておく)
*バター少し

作り方
フライパンにパン粉を入れ軽く炒り、取り出しておく。同じフライパンにオイルサーディン缶のオイルを少しとにんにく、赤唐辛子を入れ火を点け香りが出るまで炒める。
オイルサーディンを入れ片面30秒づつくらい中弱火から弱火で焼く。上からカレーパウダーとブラックペッパーを振り、香りつけのしょう油を数滴たらしたら火を止める。
*印を混ぜたご飯を丼ぶりに盛り、オイルサーディンを乗せる。上からパン粉を振りかけたら出来上がり。

※オイルサーディンは温まる程度で十分です。焼き過ぎると飛び跳ねるのでご注意を。

ごちそうさま。



レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
04.28

コーンビーフとクリームチーズのおつまみポップ

Category: meat   Tags:缶詰チーズおつまみ
corned_beef_ball.jpg
Corned Beef & Cream Cheese Ball Pop

お口に、ポイ。

丸めるおつまみ


材料(2~3人分調理時間10分)
缶詰コーンビーフ1缶(100g)
・クリームチーズ1cm角切り8個(18~20g)
・みじん切りパセリ適量
・しょう油少々
・プラックペッパー少々

作り方
1. 8等分にしたコーンビーフをラップの上に広げ、中央にクリームチーズを乗せ、これを8個分作る。
2. 上から、しょう油を2~3滴、ブラックペッパーひとふりずつかけて、ラップごと丸める。
3. 2の表面にパセリを付けたら出来上がり。

ブラックペッパーは、挽きたての粗めがおススメです。

ごちそうさま。

みんなの“簡単おつまみ”を大募集!
みんなの“簡単
おつまみ”を大募集!


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2015
04.27

オイルサーディンのおつまみプレート

oil_sardine.jpg
Oil Sardine Appetizer Thai Style

ビールにも♪
ワインにも♪
たぶん、ごはんにも♪

コンロもレンジも使わない、盛るだけの缶詰つまみ

材料(2人分・調理時間5分)
缶詰オイルサーディン1缶(4尾入り)
*ナンプラー小さじ1~1.5
*パプリカパウダー少々
・プチトマト(黄)2個
・チャービルひとつかみ
・ライム1/2個

作り方
1. 皿にオイルサーディンを並べ、*印を振りかける。
2. 輪切りにしたプチトマト、5~6等分したライム、チャービルを添えて出来上がり。

食べる時にライムを絞ってね。

ごちそうさま。

みんなの“簡単おつまみ”を大募集!
みんなの“簡単お
つまみ”を大募集!


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2014
07.18

オイルサーディンの和風スパイス焼き

oilsardine1.jpg
Baked Oil Sardine Japanese Style

フタを開ければ、オイルに浮かぶイワシ達。

キレイに整列、調理済み。

便利な缶詰、使わない手は無い。

和風のアレンジ、ご飯のおかず

材料(多めの1人分)
オイルサーディン1缶(固形部80g使用)
*しょう油小さじ1.5
*塩コショウ少々
*カレー粉小さじ1/3
・パン粉大さじ1強(生パン粉使用)
・ディル/パセリ適宜(あれば風味付けに)
・青しそ2枚
・ご飯1膳

アルミホイルの上にオイルサーディンを並べ、*印の調味料を振りかけたら、みじん切りにしたディル/パセリを混ぜたパン粉をその上から乗せて、トースターで7~8分、こんがりするまで焼く。ご飯の上に青しそを敷き、焼きあがったサーディンを乗せて出来上がり。

仕上げに、粗めのペッパーを振りかけると、ピリッとして美味しいです!
お好みで、レモンを絞ってどうぞ♪

ごちそうさま。

缶詰・びん詰・レトルト食品のお弁当おかずレシピ
缶詰・びん詰・レトルト食品のお弁当おかずレシピ


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
back-to-top