2017
10.17

かぼちゃのナチョス【スパイス大使】

pumpkin_nachos
Pumpkin Nachos

ツマめるって、楽しい。

つまみにも♪おやつにも♪


今月のテーマはスパイスでお料理上手『簡単レシピでHAPPYハロウィン♪』です。
届いたのは、ナツメグパウダー、ジンジャーパウダー、アニスホール!使うのが楽しみなスパイスです。^^
続いては、こちら。
       nutmeg.jpg
GABAN®ナツメグ<パウダー>

材料(3~4人分)
・ひき肉200g(お好みのひき肉で)
・かぼちゃ150g(可食部、1cm角切りに)
・玉ねぎ中1/4個(みじん切り)
・にんにく1かけ(みじん切り)
・赤唐辛子適量
・ハラペーニョ小さじ1~2(みじん切り)
・GABAN®ナツメグ<パウダー>小さじ1/4
・GABAN®クミン<パウダー>小さじ1/2
・塩小さじ1/4~
・ブラックペッパー少々
・酒大さじ1
・オリーブオイル大さじ1/2
*コーンチップス80~100g
*粉チーズ適量
*刻みパセリ適量

作り方(調理時間15~20分)
1. 熱したフライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎをしんなりするまで炒める。
2. にんにく、赤唐辛子、ひき肉、酒、ナツメグとクミンを順に入れ、ひき肉に火が通るまで中火で炒める。
3. 電子レンジ600wで3分または柔らかくなるまで加熱したかぼちゃとハラペーニョを加え、馴染ませたら火を止める。
4. 皿にコーンチップスを敷き詰め、熱いうちに上から3をかける。粉チーズとパセリを散らして出来上がり。

※ハラペーニョが苦手な方は、ピクルスのみじん切りで代用して下さい。

使った感想
ナツメグを入れると入れないのでは、全然味が違うと思います。ナツメグの味がするわけじゃないけど、グッと美味しくなります。風味と深さがプラスされるような。GABAN®ナツメグ<パウダー>は揃えておきたいスパイスのひとつです。^^

ごちそうさま。

ハロウィン料理レシピ
ハロウィン料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
10.15

ハニージンジャーソースの照り焼きサンドイッチ

honey_ginger_mayo_chicken_sand.jpg
Grilled Chicken Sandwich with Honey Ginger Mayonnaise

両手で押さえて、かぶりつき。

はちみつの甘さとピリッとジンジャー風味で、病みつきに。


今月のテーマはスパイスでお料理上手『簡単レシピでHAPPYハロウィン♪』です。
届いたのは、ナツメグパウダー、ジンジャーパウダー、アニスホール!使うのが楽しみなスパイスです。^^
まずは、こちら。
       gingerpowder.jpg
GABAN®ジンジャー<パウダー>

材料(6個分)
・鶏もも肉2枚(1枚を3等分に切る)
・しょう油小さじ2
・みりん小さじ1
・きび砂糖小さじ1
・酒小さじ2
・にんにく1/2かけ(すりおろす)
*マヨネーズ大さじ1.5~2
*GABAN®ジンジャー<パウダー>小さじ1/2
*はちみつ小さじ1~2
*ブラックペッパー少々
+かぼちゃのスライス12枚くらい(素焼きしておく)
+レタス適量
+トマトのスライス6枚
+バター適量
/バケットスライス12枚

作り方(調理時間20分)
1. 熱したフライパンに油(分量外)をひき、鶏肉を皮目を下にして入れる。中火で2~3分焼き、こんがりしたらひっくり返し、残りの・印を入れフタをして2~3分または火が通るまで焼く。
2. フタを取り、水分を飛ばし、タレが絡んだら火を止める。
3. *印を全て混ぜソースを作る。
4. バケットの内側にバターを塗り、残りの+印と2をのせ、3をかけて挟んだら出来上がり。

※同じフライパンで、鶏肉を焼く前に、かぼちゃを先に焼いておきました。

使った感想
ジンジャーって生姜そのままだけど、パウダーと生では風味が異なり、別物な感じがしますが、それはそれで美味しい。混ぜるだけの簡単ソースですがとても美味しかったです。優しい辛さとふわっとジンジャーの香りが鼻に抜け、照り焼きチキンにもピッタリでした。パーティーなどの持ち寄りには、ソースを別で用意し、食べる直前にかけるとイイと思います。

ごちそうさま。

ハロウィン料理レシピ
ハロウィン料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
10.02

シナモンとおろしリンゴの豚角煮【スパイス大使】

braised_pork_belly.jpg
Braise Pork Belly

厚切りにして、いっぱい食べよっ。

ひとり300gの肉祭り。

食欲の秋だから。(笑)


今月のテーマは『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。
サフランを始め、シナモンスティックとクローブのホールのが届きました♪最後は、こちらを使用!
       cinnamon_stick.jpg
GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)

材料(2人分)
・豚バラブロック肉600g(湯をかけ臭みを取っておく)
・生姜スライス4~5枚
・水600ml~(肉にかぶるまで入れる)
*にんにく3かけ(縦半分に切る)
*りんご1/3個(すりおろす)
*しょう油50ml
*みりん50ml
*きび砂糖小さじ1
*GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)1本
*スターアニス1/2個

作り方(1時間以上)
1. 豚バラブロックは、圧力鍋を熱し、油(分量外)をひいたら、全面をこんがりするまで焼く。
2. 余分な油をキッチンペーパーで拭いたら、水と生姜スライスを入れたら圧力をかける。圧がかかったら弱火にして10分ほど弱火にかけ、冷めたら、冷蔵庫に2~3時間以上入れる。
3. 冷えて固まった油脂を取り除いたら、*印を加え再び圧力をかける。圧がかかったら10~15分ほど弱火にかける。
4. フタを取り、煮汁が3分の1くらいまたは、味がちょうど良くなるまで煮詰めたら出来上がり。

使った感想
シナモンならではの、甘い香りがしょう油の香りと混じり、とても美味しく、本格的な豚煮になりました。ホールを使うと香は十分ですが、柔らかいような気がします。雑味とかが出ない?煮込み料理には、ピッタリのGABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)でした!

ごちそうさま。

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
09.30

葡萄コンフィチュールのパブロバ【スパイス大使】

pavlova_grape_sauce.jpg
Grape Confiture Pavlova

南半球出身、屈指の砂糖菓子。

砂糖菓子だから、思いっきり砂糖味。

間違いなく、砂糖味。

だから、スパイス効かせた甘酸っぱいソースが決め手。


今月のテーマは『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。
前回使ったサフランを始め、シナモンスティックとクローブのホールが届きました♪今回はふたつを使用。
       clovewhole.jpg  cinnamon_stick.jpg
GABAN®クローブ<ホール>
GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)

材料(23~24cm1台分)
・卵白4個分
・粉砂糖150g
・コーンスターチ小さじ1
・酢小さじ1
・塩少し
・バニラビーンズ4~5cm(鞘から種を取りだしておく)
*巨峰ぶどう1房(種無し・ひと粒ずつばらしておく)
*きび砂糖大さじ2~3
*レモン汁大さじ1
*赤ワイン50ml
*GABAN®クローブ<ホール>2粒
*GABAN®シナモンスティック(セイロンシナモン)1本
+ホイップクリーム適量
+お好みの果物適宜

A:土台を作る。
1. ボウルに卵白と塩を入れ、ハンドミキサーでつのが立つまで泡立てる。
2. 粉砂糖を数回に分けて加える。コーンスターチと酢、バニラビーンズも加え、固めのメレンゲになるまで泡立てる。
3. オーブンシートを敷いた天板の中央に、直径23~24cmくらいの大きさになる様メレンゲを丸く盛る。
4. 120℃(ガス)に熱したオーブンの下段に入れ、1時間15分焼いたら、そのままオーブンが冷めるまで置く。
B:葡萄コンフィチュールを作る。
5. 鍋に全ての材料を入れて火を点け、中弱火で葡萄の皮が少し剥けてくるまで蓋をして煮る。
6. 葡萄の実と煮汁に分け、葡萄の皮を剥く。剥いた皮は煮汁と一緒にし、フードプロセッサーで撹拌する。
(シナモンとクローブは実と一緒にしておいて下さい。)
7. 鍋に煮汁を戻し、とろみが出るまで煮詰めたら実を戻し、火を止め、冷ましておく。
C:パブロバを作る。
8. Aを皿に乗せ、その上にホイップクリームを塗り、Bをかける。お好みで果物を添えて出来上がり。

サクサクの表面と、もっちりふわふわの中身のパブロバです。
オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら調節して下さい。
上下が無い場合は、低めの温度で。電気の場合は、高めの温度がイイと思います。

使った感想
甘いメレンゲとまったりクリーム、スパイスが効いた葡萄ごろごろソース。
甘い3段重ねのパブロバですが、スパイスを使ったことで深みとアクセントが出たので、美味しかったです。ホールだと香りも良いし、出来あがりにざらつき感がなくて、ジャムやソースにはピッタリだと思います。

ごちそうさま。

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
09.17

きのこのサフランクリームパスタ【スパイス大使】

mushroom_saffron_cream1.jpg
Mushroom Saffron Cream Pasta

こってりクリームが気になる本日。

雨音を聞きながら、きのこを絡ませパクつくお昼。


今月のテーマは『スパイスと旬の食材で楽しむ秋レシピ』です。
今回使ったサフランを始め、シナモンスティックとクローブのホールが届きました♪
       saffron_201609251413364fc.jpg
GABAN®サフラン<ホール>

材料(2人分)
・パスタ150~160g
・玉ねぎ1/4個(粗みじん切り)
・しいたけ2枚(薄切り)
・しめじ1/4株(ばらす)
・マッシュルーム(薄切り)
・にんにく1/2かけ
・GABAN®サフラン<ホール>ひとつまみ
・顆粒/固形ブイヨン1袋/個(4g)
・水300ml
・生クリーム100ml
・塩ブラックペッパー適量
・青ネギ適量
・オリーブオイル適量

作り方(調理時間約20分)
1. パスタは袋の袋の表示通りに茹でておく。サフランは分量の水に入れ、色を出しておく。
2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、玉ねぎを入れたら火を点け、焦げないよう炒める。
3. しいたけ、しめじを加え炒めたら、1のサフランと水、ブイヨンを入れてひと煮立ちさせる。
4. 生クリームと1のパスタを入れ、とろみがついてきたら塩ブラックペパーで味を調える。
5. 皿に盛り、マッシュルームを乗せ、その上からオリーブオイルをかける。青ネギを散らして出来上がり。

マッシュルームは生のままサラダ感覚で♪
(苦手な方は、他のキノコ類と一緒に炒めて下さい)

使った感想
水に入れた瞬間から、サフラン独特の上品な香りが漂って来ました。15分くらい水に漬けておきましたが、とても鮮やかな色が移りました。クリームと合わせて使いましたが、ほんのり香りが広がり美味しかったです。シンプルなパスタを作りましたが、サフランでリッチな気分になれました。

ごちそうさま。

秋の食材を使った料理レシピ
秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
09.14

野菜ジュースの即席ストロガノフ

vegetabel_juice_stroganoff2.jpg
Vegetable Juice Stroganoff

テーブルまで10分。
凝縮野菜でコクうまひと皿。

テーマは『忙しいときに!キリン無添加野菜を使った簡単・時短レシピ』!
調味料やジュース、食器用洗剤などがたっくさん入ったモニターボックスが届きました。
今回は、「キリン無添加野菜 48種の濃い野菜 100%」をチョイス。
     kirin_vegetable_juice.jpg

材料(2分)
・薄切り肉200g(豚または牛)
・玉ねぎ中1/2個(縦細切りに)
・ぶなしめじ1/2株(石づきを取ってばらす)
・にんにく1/2かけ(みじん切り)
*キリン無添加野菜 48種の濃い野菜 100%200ml
*顆粒ブイヨン1袋(4~5g)
・生クリーム100ml
・塩コショウ適量
・バター1/2かけ
・オリーブオイル適量
+フレッシュハーブまたベビーリーフ等適量

作り方(調理時間約10分)
1. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れたら火を点け、香りが出てきたら玉ねぎを加えて炒める。
2. 食べやすい大きさに切った薄切り肉を炒め、続けてぶなしめじも炒める。
3. *印を加えひと煮立ちしたら、生クリーム、バターを加え、塩コショウで味を調える。
4. 皿に盛り、+印を添えて出来上がり。

使った感想
薄切り肉を使うので、火の通りも早く、「キリン無添加野菜 48種の濃い野菜 100%」が適度なとろみを付けてくれるので、小麦なしのストロガノフが出来ました。48種もの野菜が入っているので、手軽に栄養補給。苦手な野菜が入っていても事に気付かないかも。笑。簡単なのに、コクと深みのあるひと皿になりました。美味しかったです。

ごちそうさま。

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
08.29

車麩の中華風ピカタ

kurumafu_piccata.jpg
KURUMA-FU Piccata Nouvelle Chinois Style

車麩だって、時にはちょっと気取ってみたりして。


テーマはオイスターソースで作る『オイスター+マヨネーズで「オイマヨ」、+お酢で「オイスー」、+バターで「オイバタ」』!
調味料やジュース、食器用洗剤などがたっくさん入ったモニターボックスが届きました。
数ある中から、AJINOMOTO「Cook Do」オイスターソースとバターを使って「オイバタ」にしてみました。

材料(2~3人分)
・車麩6枚(ぬるま湯で戻しておく)
・卵1個
・AJINOMOTO「Cook Do」オイスターソース小さじ2
・無塩バター20g
*顆粒鶏ガラスープ小さじ1
*ぬるま湯大さじ1
+クコの実10粒くらい(戻しておく)
+青ネギ適量(小口切り)

作り方(調理時間10分、戻し時間除く)
1. ボウルに*印を入れ溶けたら、卵を割り入れかき混ぜる。
2. ぬるま湯で戻した車麩の水気を切り、1にくぐらせ、フライパンで両面1~2分づつ焼き、一度取り出す。
3. 火を止めた同じフライパンに、バターとオイスターソースを入れ混ぜたら、2を戻して絡める。
4. 皿に盛り、+印を散らしたら出来上がり。

※バターを使うので、フライパンに油をひきませんでした。必要なら使って下さい。

使った感想
オイスターソースもメーカーによって全然味が違いますが、AJINOMOTO「Cook Do」オイスターソースは、コクも風味もあって美味しかったです。バターと合わせる「オイバタ」は初めてでしたが、いつもと違うオイスターソースが味わえて美味しかったです。クセになりそう♪

ごちそうさま。

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
08.28

豆のどぐろのマスタードレモン焼き

grilled_fish_mustard_lemon1.jpg
Grilled Small Fish with Mustard Lemon

ちゃんと脂がのってるおチビさん。

さっぱり爽やかレモンを、後押し係りの粒マスタード。

ほんのり広がる苦さと、焼ける旨さ。


話題のスパイスでおいしいおうちごはん』!モニターの調味料やジュース、食器用洗剤などがたっくさん届きました。
さて、どれにしようか冷蔵庫の中身と相談。で、ハウスつぶ入りマスタードから着手。

材料(2人分)
・豆のどぐろ10尾(または他小魚)
レモン1/2個
*にんにく2かけ(スライスに)
*ハウスつぶ入りマスタード小さじ1~2
*オリーブオイル大さじ1.5
*塩少々
*ブラックペッパー適量
・タイム7~8本
・パセリ適量(みじん切り)

作り方(調理時間20~25分)
1. 豆のどくろは、内臓を取り除いて流水で良く洗い、*印は合わせておく。
2. オーブンシートまたは耐熱皿に豆のどくろを並べ、上から*印をかける。
3. レモンは、径の大きい方から2~3枚輪切りにした後、4等分の扇方に切り2の上に置く。残りは上から果汁を絞る。
4. タイムを乗せ、200℃に熱したオーブンで15~6分または火が通るまで焼いたら出来上がり。

grilled_fish_mustard_lemon2.jpg

※魚の下処理は、販売店にお願いすると便利です。
※他の種類や切り身魚でもOK。
※塩加減と焼き時間は、魚の大きさやお好みでご調節を。

使った感想
酸味も辛みもマイルド美味しかったです。料理のアクセントになりました。欲を言えばもっと粒々しててもイイかな。チューブも柔らかくて、出しやすく使いやすかったです。

ごちそうさま。

レシピブログアワード2017
レシピブログアワード2017


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
08.25

そのまんまスパイシーから揚げ【スパイス大使】

garam_masara_fried_chicken.jpg
Fried Chicken Garam-Masara Flavor

そのまんま、かぶりつき。

大人サイズ。
いや、おやじサイズ。


今月のテーマは、お料理上手『さっぱり&おいしい♪夏の時短レシピ』
テーマ通りにさっぱり頂けそうな調味料と食欲がわくこと間違いなしのスパイスが届きました。
最後は、こちら。
    garam.jpeg
GABAN®ガラムマサラ<パウダー>

材料(2人分)
・鶏もも肉2枚(500g使用)
・にんにく1/2かけ(すりおろす)
・生姜1/2かけ(すりおろす)
・酒大さじ1
・しょう油大さじ1
・きび砂糖ひとつまみ
・塩小さじ1/4
・GABAN®ガラムマサラ<パウダー>小さじ1~
・コリアンダーパウダー小さじ1/4
・カイエンペッパー適量
・塩コショウ少し
*小麦粉大さじ3
*片栗粉大さじ1.5
*オリーブオイル適量

作り方(調理時間約15分・待ち時間除く)
1. 鶏肉の厚い部分にフォークを使って数か所刺したら、塩コショウを軽く振る。
2. ビニール袋に残りの・印を入れ混ぜたら1を加えて揉む。そのまま30分程馴染ませる。
3. 2が常温になっていることを確認し、小麦粉と片栗粉を入れ手衣になる様、まとわせる。
4. フライパンに、オリーブオイルを1~2cmの深さまで入れ、180度になったら3を皮目から入れる。
5. 片面3~4分ずつまたは火が通るまで揚げたら、出来上がり。

ごちそうさま。
さっぱり&おいしい時短料理レシピ
さっぱり&おいしい時短料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
2017
08.23

梅肉と鶏の和風ポテトサラダ【スパイス大使】

bainiku_potato_salad.jpg
Potato Salad with Salty & Sourly Plum Flavor

梅の酸味がクセになる、和風なポテト。


今月のテーマは、お料理上手『さっぱり&おいしい♪夏の時短レシピ』
テーマ通りにさっぱり頂けそうな調味料と食欲がわくこと間違いなしのスパイスが届きました。
続いては、こちら。
     bainiku.jpg
  ハウス梅肉

材料(2~3人分)
・じゃがいも小3個(可食部300g)
・鶏むね肉100g(皮なし)
・きゅうり1本(輪切り)
*ハウス梅肉
*マヨネーズ大さじ3
*かつお節4~5g
*きび砂糖ひとつまみ
・塩少し
・酒小さじ1

作り方(調理時間10~15分)
1. じゃがいもは、キッチンペーパーにひとつずつ包み、水で濡らしたら、その上からラップで包み電子レンジ600wで6分または火が通るまで加熱し、そのまま粗熱が取れるまで置く。
2. 鶏むね肉は、厚い部分を開き、耐熱容器に入れ、酒と塩をふって電子レンジ600wで1分半または火が通るまで加熱し、粗熱が取れたら身を縦にほぐし、容器に溜まった汁の中に戻す。
3. きゅうりは、塩をふり馴染ませたら、水分を切る。
4. ボウルに*印を入れ混ぜたら、2、3を加え、皮をむいた1を崩しながら混ぜて、出来上がり。

お好みで、冷やして下さい。
※梅肉の量はお好みで調節して下さい。

使った感想
しっかりと梅の本来の味を感じ、美味しかったです。余計な味付けがされていないので、料理にもよく合い、使い勝手も良かった。中身が出やすい、柔らかいチューブ入りで使いやすかったです。

ごちそうさま。

さっぱり&おいしい時短料理レシピ
さっぱり&おいしい時短料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログに参加中♪クリックで↑応援してね!

Comment:0  Trackback:0
back-to-top